眠いけどやることいっぱい〜さぼったらモラハラ夫は激怒〜

毎日の家事や育児を頑張ってると

休みの日でもいつもと同じ時間に起きてしまって「あぁ……」と落胆したり、もっとゆっくり寝ていたいのに、朝の子ども向けTV番組が見たい子供か無理やり起こされたり、ジャンプで飛び乗ってきたり。

 

寝ること大好きです。

f:id:babymo:20181230165204j:image

 

わたくしは寝ることが大好きで

出産前は休みの日など本当に良く寝てました。

 

寝ることが趣味みたいな

そんな過去が忘れられず

 

子育てに奮闘しなければいけないのに

睡眠負債に苦しんでおります。

 

自分の生活リズムに加え子供達の生活リズムや夫の生活リズムも加わりヘトヘト。

 

新婚当初は酔っ払った夫に3時くらいに起こされても笑顔で迎える余裕があったのですが、

 

結婚して子供が産まれると子供だけでいっぱいいっぱいです。

 

世の中のマの睡眠時間調べてみた

 

就寝・起床時間に差はあるかもしれせんが、いったいママたちの「平均的な睡眠時間」ってどうなんだろう。。。

 

やっぱり、

日本人女性の睡眠時間は世界的にみても極端に少ないそうです。

 

日本のように女性の睡眠時間が短い国は例外的で、大部分の加盟国では男性よりも女性の睡眠時間が長いそうです。

 

世界一眠れていない、日本の女性

 

f:id:babymo:20181230162224j:image

 

経済協力開発機構OECD)の国際比較調査(2014年)で、先進国の中で最も睡眠時間が短かったのが日本人だそうです。

 

「世界一眠りの悪い国民」であること自体が問題だとは思いますが、なぜこんなに女性の睡眠時間は短いの?

 

みんな眠くないのかなぁ

 

他国の女性は8時間以上は寝ているのに、日本女性と韓国女性は7時間台であるうえ、男性より睡眠時間が短と言えます。

 

f:id:babymo:20181230163113j:image

 

一方、厚生労働省の人口調査によると30代が第一子出産の平均年齢っていうことは

 

f:id:babymo:20181230162718j:image

 

出産したらやっぱり睡眠時間は減ってるということですね!

 

寝てない日本人女性

 

経済協力開発機構OECD)の国際比較調査(2014年)のデータにもどると

 

30代から徐々に睡眠時間が減り

35歳以降は極端に睡眠時間が減る傾向があります。

 

特に、40、50代女性は極端に睡眠時間が短いのは気なります。

 

さらに、晩産化が進み、初産が30代後半、40代という人も増えているので、ひと昔前なら「子供もそろそろ手が離れて……」というのが40、50代女性の方が多かったそうですが、

 

ママ友は40代!

 

ママ友は40代で子供はまだ乳幼児、学童期という人が多いです。

 

まだ若いねって私自身は言われますが、年齢は38歳そんなに若くもありません。

 

晩婚化が進んだことにより、親の介護の問題と育児の問題が同時に起こるダブルケアの課題も抱えているママ友もたくさんいたりして、子育てはしろ、仕事はしろ、家事も自分が産んだんだから責任持ってやれ!

 

と心無い声が聞こえそうですが、安心して子供がいくらでも産める状況にはとても思えません。

 

子育て世帯、世代が抱える問題は

表面上はいろいろと言われていますが当事者にならないとわからないと思います。

 

少子高齢化は止まらないと思います。

 

母は1人の人間ではダメなのでしょうか。

 

出産育児は良くブラック企業に例えられますが、本当に母親はそれで幸せなんでしょうか。

 

人間は24時間365日しかありません。

 

そりゃ。

 

子供産んだら30時間に増やしますと言われても

それはそれで困りますが…

 

24時間の中で

 

無理せず自分の時間はどうやって増やせばいいのかいつも考えてます。

 

ある程度は効率化させること

努力してもダメだったら

 

人を頼ること

 

人をどうしても頼れないのであれば

お金で解決することです。

 

特にうちはお金持ちでもないですが

無理するとすぐ心の弱いわたくしは

 

イライラモードに突入してしまいます。

 

やっぱり気持ちのリフレッシュって

大事なぁと思います。

 

babymo.hatenablog.com